男性の脱毛症、前立腺肥大に効くノコギリヤシ!

 

男性ホルモンが原因となっている病気などに対して、効果が期待できるといわれているのがノコギリヤシです。ノコギリヤシには、色々な効果があるとされているのですが、その中で特に知られているのは、前立腺肥大症に対する効果や発毛効果でしょう。これ以外にも、精力を高めたり、排尿障害を改善させる作用もあるといわれています。

 

元々は、ノコギリヤシはインディアンが強壮剤として普段から使用していました。このノコギリヤシというのは、前立腺肥大症の治療薬として効果があるとアメリカの食品医薬品局が認定している成分であるフィナステリドと同等の作用があります。

 

年齢を重ねていくと前立腺が大きくなってしまう病気が前立腺肥大症なのですが、発症してしまうと色々な弊害が出てしまいます。そして、この前立腺肥大症を発症している男性は多く、改善をするためにノコギリヤシのサプリメントを摂取している人も増えてきています。

 

さらに、最近男性で抜け毛に悩んでいる人が多いのですが、これは男性型脱毛症になってしまっているからということがとても多いです。この男性型脱毛症の改善作用もノコギリヤシにはあるといわれています。

 

前立腺肥大症も男性型脱毛症も、男性ホルモンの5αリダクターゼが原因だといわれています。5αリダクターゼが生成されることによって、ジヒドロテストステロンが作り出され、前立腺が肥大してしまったり、抜け毛を引き起こしてしまうのです。

 

ノコギリヤシに含まれているステロールやオクタコサノールは、ジヒドロテストステロンが作られにくくなる効果があるといわれているのです。

M字ハゲの改善をしたいなら亜鉛だけ摂取しないようにしよう

人間というのは、細胞が約60兆個あります。そして、元素で見ると、9割以上が窒素と水素、炭素、酸素になっているのです。

 

ですが、この大半を占めている元素ではにものでも、大きな影響を体に与えるものがあります。例えば、亜鉛もそのひとつとなっています。

 

この亜鉛というのは、酵素の活動を活性化させる役割を持っているだけではなく、人間の基礎代謝などとも関係しています。亜鉛が足りていない状態になってしまっていると、ガンや老化を促進させやすくなるといわれていますし、ホルモンの分泌や細胞の分裂、免疫機能にも悪影響が出てしまうのです。

 

また亜鉛というのは、毛髪に対しても関わりを持っています。そのため、育毛をしたいのであれば、亜鉛もしっかり摂取するようにしたほうがいいといわれており、たくさん亜鉛が含まれている食べ物を積極的に食べるようにしていた人もとても多かったです。

 

確かに亜鉛不足もハゲの原因になってしまいますが、反対に過剰摂取もしてはいけません。過剰摂取してしまうと、体の中にある鉄分や胴が足りなくなってしまい、結局ハゲを誘発してしまうのです。

 

亜鉛を大量に摂取してしまうと、他のミネラル類のバランスが崩壊してしまい、ハゲ以外にもさまざまな弊害が生じてしまいます。ですので、亜鉛だけを積極的に摂取するのではなく、銅などといったミネラルもしっかり摂取するようにしましょう。詳しくはこちら→亜鉛サプリランキング

 

亜鉛と胴をバランスよく摂取したいのであれば、牡蠣がお勧めなのですが、毎日食事で牡蠣を食べるというのはかなり難しいですよね。

 

このような場合、サプリメントを使って摂取するという方法もあるのですが、亜鉛だけを摂取しないようにしなくてはなりません。胴の含有量が多い食べ物として、人参やハマグリ、海老、そば、ナッツ類などが挙げられます。

更新履歴

(2015/10/05)
ペットもドライアイになるの?を更新しました
(2015/10/05)
ジェイエステティックを更新しました
(2015/10/05)
レーシックのアフターケアの話を更新しました
(2015/10/05)
便秘解消に青汁が効くの?を更新しました
(2015/06/03)
中性脂肪が高いとどうなるの?を更新しました